喪中はがき印刷
昨年143,279件のご利用実績
上品なデザイン155種類 喪中はがき印刷
昨年143,279件のご利用実績
上品なデザイン155種類

消費税率変更に伴って、9月下旬よりサイト内のサービスが変更になります。
消費税率、納期(出荷日)、取扱い商品について、こちらをご確認ください。
消費税率変更に伴うお知らせ

  • 初めての方へご案内
  • 喪中はがきのマナー
「モノクロ」40%OFF 10枚2,248円(税込)から
弊店オリジナルのモノクロ喪中はがきでリーズナブルなお値段が実現しました。
  • 「モノクロ」全40種類 白黒タイプのはがき
「カラー」40%OFF 10枚2,572円(税込)から
品格漂う弊店オリジナルの喪中はがき、スタンダードな黒文字と薄墨文字があります。
  • 「スタンダード」全50種類 一般的な喪中はがき
  • 「薄墨(うすずみ)」全15種類 薄墨文字の喪中はがき
  • 「スタイリッシュ」全40種類 モダンなデザインの喪中はがき
  • 数量限定プレミアム私製はがき「はながすみ」全15種類 優美な純和風オリジナル喪中はがき

売れ筋商品

喪中はがき[M20H006]
優美な大菊を、美しく描いたデザイン
詳細を見る
喪中はがき[M20C007]
想い出が浮かぶ、優しい木のデザイン
詳細を見る
喪中はがき[M20C057]
星が降るような、夜空のデザイン
詳細を見る
喪中はがき[M20M145]
幻想的で美しい雰囲気のデザイン
詳細を見る
宛名印刷 宛名基本料金0円キャンペーン

挨拶状ドットコム 宛名印刷の特徴

時間短縮&毎年の管理も簡単便利に
はがき印刷と一緒に宛名印刷を申し込むことで、自宅印刷や手書きのトラブルを一気に解決。
さらに、送り先の住所管理もマイページから手間なくおこなえるので、
面倒な宛名印刷を簡単便利にご利用いただけます。
5,112,617枚のご利用実績
2018年の宛名印刷枚数は500万枚以上
豊富なご利用実績なので、仕上がり品質やレイアウトが不安な方にも安心してご利用いただけます。
グループ全サイトでご利用可能
登録いただいた住所録は、挨拶状ドットコム喪中はがきサイトだけでなく、
挨拶状ドットコムグループ全サイトでご利用いただけます。
宛名印刷について

宛名印刷 注文の流れ

宛名印刷はカンタン4STEPで注文完了。

STEP1 マイページ登録 → STEP1 住所録を作成 → STEP3 はがきを選ぶ → STEP4 注文完了

矢印(上)

登録したデータは次回のご注文に再利用できるので2年目からはさらに便利に

「マイページや住所録の登録が面倒」「やり方がわからない」そんな方へ

宛名ファイル対応
マイページ・住所録への登録が不要2,160円
筆まめなどお客さまが普段お使いのお手元の住所録ファイルから、
簡単に宛名印刷をご注文いただけるサービスもご準備しています。
  • スタッフ紹介
  • お客さまの声

喪中はがきについて

喪中はがきとは、「年賀状は出しません」ということを知らせる年賀欠礼の挨拶状です。

一般的に、身内に不幸があった場合は喪中とし、その期間は慶事を避け喪に服しますので、年賀状も出しません。そのことを事前にお知らせするのが、喪中はがきです。

喪中はがきを出す時期

喪中はがきは、相手が年賀状を書く前の10月~12月上旬に届くように出しましょう。

12月にご不幸があった場合など、やむをえずその時期に喪中はがきが出せずに遅くなってしまった場合は、 松の内が明ける1月7日ごろから「寒中見舞い」としてご挨拶されてはいかがでしょうか。

喪中はがきを送る相手

一般的には、年賀状をやり取りされている方全員に送られることが多いようです。

喪中の範囲と期間

喪中の範囲は、本人から見た2親等以内です。服喪期間に明確な決まりはありません。

一般的に、本人から見た2親等以内の親族が亡くなった場合に喪中とします。しかし、3親等以上でも、同居や親しい間柄の場合は、喪中にする場合が多いようです。

喪中はがき文例

喪中はがきの文例はケースに合わせて選びましょう。

【シンプル】
本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
令和元年●月
【永眠】
本年●月に●(花子の母)●●(鈴木梅子)が●●歳にて永眠いたしました
生前のご厚情に深く感謝申し上げますとともに
明年も変わらぬご厚誼を賜りますようお願いいたします
令和元年●月
【他界】
●月に●(義母) ●●(鈴木梅子)が●●歳にて他界いたしました
本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
寒さに向かう折から皆様のご健勝をお祈り申し上げます
令和元年●月

喪中はがきの書き方

□ 喪中はがきの内容
年賀欠礼の挨拶と、誰がいつ亡くなったかを伝え、お世話になったお礼、変わらぬお付き合いを願う言葉を書くというのが一般的です。
具体的な年齢や故人のお名前を出さない場合もあります。
□ 喪中はがきの書き方(基本)
  1. まず喪中のために年賀を欠礼する旨を伝えます。

    ポイント
    「年賀」ではなく「年始・年頭・新年」等を使います。
  2. 誰がいつ亡くなったかを伝え、お世話になったお礼、変わらぬお付き合いを願う言葉を書きます。

    ポイント
    行頭の一字さげはせず、句読点を入れないのが一般的です。
  3. 喪中はがきを差し出す月をいれます。

    ポイント
    10月、11月、12月は漢数字では、十月、十一月、十二月と表記します。

喪中はがきのマナーとQ&A

自分が面識の無い、故人が生前年賀状をやりとりしていた知人には、喪中はがきを出したほうがよいですか?
すべての人へ…というのは難しいと思いますが、亡くなられたことを知らない方へは喪中はがきを出されると良いと思います。
また、手書きで、ひとことメッセージを加えられてもよろしいかと思います。
故人の年齢は満年齢か数え年どちらで表記しますか?
一般的には数え年での記載が正しいとされています。
数え年とは生まれた時点で1歳とし、以降元旦(1月1日)を迎えるごとに1年ずつ加えた歳です。一般的には数え年ですが、最近では満年齢での記載も多く見受けられます。
父の兄弟が亡くなりました。嫁いだ身ですが、喪中にすべきですか?
3親等なので、一般的には喪中にしなくても問題ありません。
両親の兄弟姉妹は、3親等になりますので、一般的には喪中にしません。 しかし、親しい間柄の場合は、喪中にすることもありますのでご家族ご親類と相談されることをお薦めします。喪中にしない場合も、故人の親戚関係には年賀状を控えられた方がよいと思います。
サンプルには句読点がないのですが、いいのでしょうか?
句読点を入れないのが一般的です。
もともと、句読点は、文章を読みやすくするために生まれ、活字と共に普及したと言われています。ですから、儀礼的な挨拶状では、相手に敬意を払い、使わないのが一般的です。 また、行頭の1文字下げも同じ理由から、しないのが一般的です。
11月末に退職予定で、先日父が亡くなりました。
喪中はがきに退職報告を一緒に書いてもいいでしょうか?
別々に出されることをお薦めします。
あくまで喪中はがきは、喪中のために年賀を欠礼する旨をお知らせする挨拶状ですので、退職などの近況報告を一緒にはしません。 先に喪中はがきで年賀欠礼のご挨拶を送り、年が明けた1月7日以降に改めて、退職のご挨拶状を出されるとよいと思います。
葬儀に来ていただいた方にも喪中はがきは出す?
葬儀に来ていただいた方にも出しましょう。
喪中はがきの本来の目的は、亡くなったことをお知らせするのではなく「年賀欠礼」のご挨拶なので、年賀状のやり取りをしているすべての方に出すのが基本です。
身内の危篤状態が続いており、年賀状の用意をしていいかわからない場合はどうしたらいいでしょうか?
無理にご用意されなくてもよいのではないでしょうか。
年が明けた1月7日以降に、「寒中見舞い」でご挨拶されてはいかがでしょうか。 寒中見舞いは、年賀状の代わりとしても、喪中はがきの代わりとしてもお使いいただける挨拶状です。 服喪中に寒中見舞いを出す場合は、「おめでとう」などの賀詞は避けるようにご注意ください。近況報告とお相手の一年の幸福をお祈りしましょう。
喪中はがきは親族にも出す?
場合によっては省略してもよいと思います。
基本的には、年賀状のやり取りをしているすべての方に出しますが、特に近いご親族は、お互いに喪中であったり、状況をよくご存知の場合もありますので、喪中はがきを省略されることもあります。
最近、引っ越しをしたので、喪中はがきに引越したこともお知らせしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?
喪中はがきには、年賀欠礼以外の内容、近況報告などは書かないのが基本です。
本文中で引越したことをお伝えするのではなく、住所の上に「新住所」や「引越しました」などと項目を入れるだけにとどめておきましょう。 新居へのお誘いや近況報告されたい場合は「クリスマスカード」や「寒中見舞い」などでご挨拶しましょう。
喪中はがきは、薄墨の方がいいのでしょうか?
必ずしも薄墨でなければならないというわけではございません。
弔事の手紙は、悲しみのため涙が落ち、それで墨が薄れるといった表現を示して薄墨で書くとのいわれがありますが、現在は黒書きも一般に広まっていますので、お好みのデザインをお選びください。
父が亡くなりました。父の交友関係用と自分用の喪中はがきは、分けないといけませんか?
分けなくてもよいと思います。
お父様の交友先様が、たとえあなた(差出人)様のお名前をご存知なくても「父 ○○が○歳にて永眠いたしました」の文章で、お父様が亡くなられたこと、ご子息からのご連絡であることは伝わりますので、特に分けなくても問題ないと思います。
年賀状で結婚報告をする予定でしたが、喪中になってしまいました。喪中はがきに結婚報告の内容を書いてもいいでしょうか?
喪中はがきには、年賀欠礼以外の内容、特にお祝い事などは書きません。
結婚後すぐにご不幸があった場合は、喪中はがきで年賀欠礼のご挨拶のみを送り、年が明けた1月7日以降に「寒中見舞い」もしくは「結婚報告はがき」などでお伝えしましょう。
喪中はがきを出すつもりでいた相手から、欠礼状が先に届いたのですが、自分も出すべきですか?
きちんとご挨拶されることをお勧めいたします。
喪中はがきとは、近親者に不幸があったので、申し訳ないですが年賀欠礼いたします、ということを伝える挨拶状です。相手が喪中であるかどうかということは、別問題です。
死亡通知を兼ねた喪中はがき向けに、不祝儀などを
辞退する文例はないですか?
次のような一文を追記されてはいかがでしょうか。
追記文例 なお 誠に勝手ながら お心遣いは辞退させていただきますので何とぞご了承のほどお願い申し上げます
home